スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOKOTA BASE

2015-09-20G.jpg

米軍横田基地で毎年開催されている「横田基地友好祭」に奥さんと行ってきましたよ。毎年行きたいと思っていながらいつも気がつくと終わっちゃってるんですよね。今年はバッチリ事前にチェック出来てよかったです( ̄▽ ̄)ノノ

2015-09-20A.jpg

なんと言ってもお目当てはコレ!ステーキですよ、ステーキ!炎天下の滑走路、っていうか誘導路?で座り込んで食べました。味とフンイキは最高!カトラリーは最低! ←もうね、プラ製のヤツなんだけど、あまりに安っぽいフニャフニャで肉が切れない(笑)

2015-09-20C.jpg

F15、F16、A-10などの戦闘機、攻撃機、C-5、C-7、C-130などの輸送機ほか、たくさんの米軍機、そしてF-15やF-4J、最新鋭のF-2などの空自の飛行機が展示されておりました。落下傘降下の飛行展示がなかなかイイ感じ!



2015-09-20F.jpg

そんな中、なにかと話題のV22オスプレイも。オスプレイ、思ったよりもかなりデカかったですね!「帰ってきたウルトラマン」世代の僕なので、マットジャイロで慣れ親しんだこのタイプの航空機にはたくさん活躍して欲しいです。

2015-09-20H.jpg

あ、そうそう大型輸送機C-17(たぶん)の機内格納部内でTシャツ買っちゃいましたノ( ̄▽ ̄)ノ

しかしまぁ、入場も退場も大混雑でありました。まぁ仕方ないですね。でも来年も必ず行っちゃいます。
スポンサーサイト

GUNDAM

2015-09-17.jpg

やっとこさ行ってきました森美術館の「機動戦士ガンダム展」。

いやぁ、展示のボリューム感、なかなかの見応え!最初のガンダムの展示が中心ですが、よくもまぁこんなに残ってたなぁ、と。別に僕は、セルの時代、アナログ時代の方が良かったなぁ、とは思わないけど、各種設定作業の丁寧さはやっぱり昔の方がすごいなぁ。

最初のガンダムの本放送時、ちょうど高一だった僕でした。かなりはまったなぁ、当時。僕がいまこうしてアニメ業界の片隅にいるのは、このガンダムとの出会いのおかげもあったりしてるよなぁ、と思ってます。

まだの方はぜひ!
「ガンダム」別に好きじゃなくっても、とっても良いですよ!

ただね、入場してすぐに観させられるホワイトベースのブリッジ内からの映像はビミョウ。3Dのモビルスーツが動きにキレはないし、造形はビミョウだし。なんでセルルックにしなかったんだろうね?モビルスーツ戦はやっぱ作画で見たかったなぁ(笑)。

Location Hunting

2015-09-14D.jpg

14日から2泊3日、プロデューサー、監督をはじめ総勢8名で、とある作品の準備取材で西へ。

2015-09-15C.jpg

世に出るのはまだかなり先になりますが(再来年?)、シナリオ作業と並行してすでに各種設定作業に入っております。まだまだ固めていくことは多く、まだまだいろいろ取材も積んで行くことに。でも今回、イイ感じで取材出来ました。幸先良いスタートって感じです。ほんと、まだまだ先ですが、乞うご期待!

「Wake Up, Girls! やっぱ、この衣装飾らないとね!」展

中部日本を横切っていく台風と秋雨前線による嵐の中を行ってきましたよ、秋葉原・東京アニメセンター「Wake Up, Girls! やっぱ、この衣装飾らないとね!」展。

2015-09-09_1.jpg

twitterでも書きましたが、いやぁ、なかなかイイ展示でした。とにかく、彼女たちが実際に使ってた衣装がそのまんま展示されてるのは、なんとも壮観!すごいですよ!

2015-09-09_2.jpg

アニメーションの劇中に登場してるWUGの衣装は、基本実際のホンモノの衣装デザインから起こしています。(I-1clubのはアニメーションが先だったかな?) 色も同様。…ですが、画面映えの問題から、発色はホンモノと多少変えて色設計をしています。それと塗り分け。

2015-09-09_5.jpg
↑ この衣装、僕らアニメの制作現場では『衣装 B』と呼んでますが(ちなみに最初に登場した白のワンピースに緑のジャケットのヤツは『衣装 A』、「7Girls War」のヤツはそのまま『7GW』です)、このカラフルなシャツやスカートの裾はさすがに手描きの作画では再現が難しく様々な事故が起きそうだったので、いろいろ変更させてもらってます。具体的には、シャツはストライプの数と色を少し省略したり、裾の塗り分けはナシにしたり。

こういうの、3DCGでやっちゃう作品もあるのですが『WUG!』ではキャラクターは敢えて作画でやりきることが基本の考え方なので、そのための設定上の工夫なのであります。

この『衣装 B』は実際の衣装の製作とTV用の設定の作業が同時にほぼ並行して進んだので、完成したホンモノは僕は当時は見ていなくて、送られてきた完成品と使用した布素材の(正直、あまりいい写真とは言えないw)デジカメ写真から色を作ったのでした。いまこうしてホンモノを実際に見ると、この素材感とかもうちょっと活かしたかったなぁ、と(笑)。

展示は衣装の他、実際に本編で使った原画も多数展示されてます。ずっと『WUG!』で色指定担当してもらってる庄司さんと一緒に見に行ったのですが、彼女の色指定の書き込みが入ってる原画も展示されておりました。なんか懐かしい再会な感じ(笑)。

2015-09-09_4.jpg

ポスター用とか、雑誌掲載用のものとか、いろんなイベントとのコラボ企画のとか、『WUG!』のライブツアー用のとか、歴代の版権スチールたちもずら〜っと展示されてます。後ろ向きと前向きの7人のヤツとか、まだ若干顔が定まってない感じが出てますね(笑)。これが2013年。↓ このアニメディアに載ったスチールが、実は一番最初のヤツでした。これと「後ろ向き7人」が2013年5月に作ってたのですよ。

2015-09-09_3.jpg

会場ではもうすぐ公開の『Wake Up, Girls! 青春の影』の予告編と「少女交響曲」の彼女たち出演のPVがガンガン流れてます。画面に流れるアニメの映像から振り返ると、いま映像の中にあった衣装のホンモノがここにある。映像の中に生きてる7人の存在感と、実際に存在してる7人の存在感。この存在感の二重のリアルさが『WUG!』なんだよなぁ、と、そう実感出来る今回の展示であります。もうね、特にファンは必見です!

13日(日)までの展示なので残りは少ないのですが、興味持っていただけた方はぜひ足をお運びください。入場は無料ですし、『WUG!』グッズも会場で売ってます(^_^)/ みなさんよろしくです!

WINE BISTRO AND BAR

2015-09-06.jpg

「餃子が食べたい」という奥さん連れて近所の「長浜食堂」でシッカリ餃子食べたその帰り道、最近(と言っても2ヶ月くらい前ですが)にオープンしたワインバーというかビストロというか、そんなお店へ行ってみました。

なかなかオシャレなそのお店のカウンターにふたり。いやぁ、とっても僕ら好みのお店でしかもワインが良い!嬉しくってシッカリ3杯ずつ呑んじゃいました! 今回はおつまみ程度しか頼まなかったんだけど、他のお客さんのところへ運ばれていく料理がすげぇ美味そうで!(@゚▽゚@)

ご主人の話では結構遅い時刻までやってるらしいので、それも嬉しいです。というわけで、通い決定です!( ̄▽ ̄)ノノ

n.A (エンネ・アー)

Color Check

2015-09-02_1.jpg

今日9/5は夕方から阿佐ヶ谷の某スタジオで某新作のメインのキャラクターの色味チェック。僕の机、というかモニターの周りに監督、キャラデ、制作Pその他にワラワラと集まってもらって、僕の方で準備した色見本を見てもらって決め込んで行きます。

見てもらう、と言っても、漫然と見て貰うわけではなく、ちゃんと筋道立てて見てもらうわけです。まぁプレゼンですね。見てもらう順番とか計算して、それぞれのキャラのカラープランを説明しながら進めます。

そうそう「SHIROBAKO」の劇中ではこの色味チェックを「色彩設計打ち合わせ」とか言ってたけど、打ち合わせ自体はまだ色を作る前に監督とやるものであって、こうして色を見てもらうのは「色彩設計打ち合わせ」とはあまり言いませんね。

で、今日のCheckで、重要なキャラの色味はほぼ決定。作品のベースは出来上がったので、あとはエピソードごとのいわゆる「ゲストキャラ」の決め込み作業に入っていきます。さらにそのあとには、シーンごとの美術とキャラクターを合わせて作っていく色彩設計へと進みます。来月にはもう彩色の実作業が始まるので、だんだんやることが増えていきますね。

さて、新しい現場に入るとき必ず自分の機材を持ち込みます。なぜかというと、PCやモニターの環境が各社まちまちで、いちいち調整したりあるいはそのスタジオの仕様に自分の基準を合わせたりというのが面倒なのと、僕がMac派なので(ほぼ各社Windowsですね)、慣れないWin機使うのがかなりストレス。自分自身の中にある「色の基準値」を上手く再現していくためには、自分の基準となるモニター持ち込むのがイチバンだったりしてます。

PC本体、キーボード、ペンタブレット、モニター。複数の作品が動いている時は、2箇所、3箇所に機材を配します。全部時前の機材です。現在も「Wake Up, Girls!」作ってる荻窪のスタジオと、この新タイトル作ってる阿佐ヶ谷のスタジオの2箇所が稼働中。さらに「えとたま」作ってた吉祥寺のスタジオにはまだ機材預かってもらってて、そちらの機材はこのあとに控えてる別の仕事のスタジオへ運び込むことになります。

自宅も含め、どの現場もほぼ同じ環境でストレスなく色作業が出来ること。これが僕にはかなり重要ですね。ま、お金はかかっちゃいますが…。

BrushWorkと「画ヂカラ」と

2015-09-04.jpg

行ってきましたよ「羽山淳一ブラッシュワーク発売記念アニメーターによる無茶ぶりライブドローイング&イラスト添削講座」@阿佐ヶ谷LOFT-A。

いやぁ、素晴らしいイベントでした!(イベントの詳細はきっと誰かがwebに上げてらっしゃると思うので割愛ノ( ̄▽ ̄)ノ
)

圧巻だったのは第2部の羽山氏をはじめとする登壇されたアニメーターの方々による「無茶ぶりライブドローイング」。羽山さん、西村さん、西位さん、香川さん、馬越さん、そして飛び入り(というか客席から召還されたw)横田さん。さすがアニメーターだなぁ。その場で渡された雑な資料を見て即興でイラストをナマ描きです!で、それがまた、みんな上手い!どんなモノでも描けちゃう、まさにアニメーターの真骨頂ですね!ほんとアニメーターさんたちのすごさを見せつけられました。

羽山さんのブラッシュワークのすばらしさだけではなく、アニメーターの「画ヂカラ」に圧倒されたイベントでした。

やっぱスゴいよね、絵を描くって!

Autumn Sky

2015-09-02_2.jpg
昨日は夕方国分寺へ。某PVの制作に参加してまして、昨日は美術さんとの打ち合わせでした。その美術さんとは久しぶりのお仕事です。イイ感じで打ち合わせ終了。イイ感じに仕上がればいいな。

それにしても、晴れたねぇ。

ここのところ天気が雨がちで、たしか昨日も雨予報だったかと。サングラス持ってなかったので眼がなかなかしんどかったです。

暑さもだいぶ和らいできたからそろそろ自転車通勤したいんですが、ビミョウに雨予報が出てるとどうしても二の足を踏みます。で、あきらめて電車で出ると、結局いちにち降らなかったり。そんなのが続いてます。降る降るサギですな! ま、さすがに国分寺までは自転車では遠すぎですが(笑)。

打ち合わせ終わって外へ出て見上げた西の空には、きれいなうろこ雲でした。
秋ですね。

WUG 7

2015-09-01_2.jpg

いまメインの現場は「Wake Up, Girls!」作ってるOrdetなのですが、ときおりグッズのsampleいただけちゃったりするのです。で、昨日いただいちゃったのは、今年の5月に楽天Koboスタジアム宮城で開催された楽天イーグルスとのコラボイベント(僕は勝手に「WUGナイター」って呼んでますがw)の時に作られたオリジナルユニフォーム。イベントの版権でWUGが着てるヤツですね。実はこれ欲しかったんですよ!

で、昨夜はしばらくこれ着たまま仕事してました。自他共に認める見事な似合いっぷりノ( ̄▽ ̄)ノ

これ着て外を歩くのはちょっとハードル高いですがw。

今年が2回目だったWUGナイター、来年もあるといいなぁ。来年こそ行きたいです!

September!

2015-09-01.jpg

9月になりました。今年も三分の二が終了。ビックリですよ。

テレビの作業(「えとたま」「セーラームーンCrystal」)が6月〜7月頭ですべて終わり、ほかに抱えてるテレビもなく全体に仕事が薄かったので、今年の夏は何年かぶりにたっぷりゆっくり過ごしました。(それでも仕事もしてましたけど)

2回にわたって千葉県房総を廻ったり、城ヶ島へ行ったり、急に思い立って約20年ぶりにローマに行ったり、ああ京都へも行きましたね、梅雨時には奈良へも行ったなぁ。

そんなこんなで近年まれにみるくらい日焼けしました。この歳で日焼けってどうよ?とも思うけど、でもカラダは結構喜んでますよ(笑)

さて9月。

さっそく週明けの昨日(8/31)、これから来年に向けて動き始めるいくつかの案件関係から、一斉に電話とメール。まるで各社申し合わせたように。というわけで、いよいよいろいろ動き始める気配です。

で、そんな来年のお話の前に…

今月9/25(金)から「Wake Up, Girls!」続劇場版・前篇「Wake Up, Girls! 青春の影」が公開になります。テレビシリーズ終了から1年半、続編です。先の劇場版、テレビシリーズに引き続き、今作も色彩設計で参加させていただいてます(プレスリリースでは「色彩設定」になっちゃってますが(苦笑))。

2週間限定の公開です。あっという間に終わっちゃうので、みなさん油断なきよう(!)よろしくお願いいたします。

雨のスタートな9月ですが、徐々にペースを上げていきますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。